急須 茶壺



 メニュー



  お茶について



  お茶の入れ方



  水について



  茶器について


 日本文化についての私見



  自己紹介



  サイトマップ



  リンク集
お茶 その至福のとき



                          茶器の紹介



                          中国の茶器



       最近は、どのお茶屋さんに行っても丁度よい大きさの急須や茶碗などを置いているお店は
       少なくなりました。

       地方の中核都市の煎茶道具を売っている大きなお茶屋さんに行くか、あるいは人の使った
       ものが厭でなかったら骨董屋さんで探すしかありません。

       そこで、それに代わるものとして工夫茶用の中国の茶器を利用するのもよいと思います。
       中国の急須は、主に宜興というところで作られ、大きさも100cc前後で、丁度よい大きさです。

       そして紫泥や朱泥で作られた急須(茶壺とよびます)は、日本の常滑焼や万古焼と同じく、
       使うほどにその色つやを増し、何とも言えない味わいとなります。

       実は、お馴染みの常滑焼の朱泥の急須は、明治時代に中国人の金士恒という人から
       急須作りを学んだというのがはじまりなのです。

       江戸時代中期に始まった煎茶を飲む習慣は、当時の第一級の学者や文化人に支持され、
       幕末にかけて、隆盛を極めました。そしてその初期から現在に至るまで、急須を初め
       各種の茶道具は中国から輸入されていたのです。

       その後、いろいろな工夫を加え、改良されて日本でも多くの優れた急須や茶碗等の茶器が
       つくられるようになりましたが、中国の宜興の急須や景徳鎮の茶碗、そしてその他の道具類は、
       煎茶の創成期以来、ずっと手本とされ、大切に使われ続けてきました。

         このような訳で、中国茶器は、永年にわたり我が国の文化人達に愛好されています。




                        下の写真をクリックして下さい

 F.中国の茶器


     急須     中国では茶壺と呼びます。そのまま急須として使うことができます。


        珠型

               格格壷 朱砂 (95ml)

              卵型の美しい姿には独特の品格があります。
              「品格」の「格」と「格格」という笑い声を掛け合せた名前です。
                 






              ★   藩壼 黒泥 (90ml)

             汎用品です。
             とても使い勝手がよい急須です。


                  


             注ぎ口が真っ直ぐなので、 初めの内は、こちらの方が使いやすいかも
             知れません。








日本文化 【お茶 その至福のとき】HOMEへ