急須 湯のみ セット

                 お茶 その至福のとき 本文へジャンプ





                    茶器の紹介



H. 萩焼


煎茶の道具に関するかぎり、萩焼の技術的最盛期は、明治、大正、昭和初期までです。

焼き物に限らず、技術と言うものは、不遇であればあるほど、切磋琢磨し、研鑽を積んで
よいものを作ろうとします。

明治の頃はまさに萩焼の苦難の時代でした。明治、大正期おの名工達、九、十世坂高麗左衛門
三輪雪堂、山県麗秀、大和松録、その他、多く熟練の工人達が、それぞれ工夫を凝らし
技術の限りを尽して素晴らしい急須や宝瓶、湯冷ましや煎茶碗を焼いていました。

これは、戦前までは余り技術的に下ることはありませんでしたが、問題は、戦後、高度成長期の
頃です。
特に昭和40年代、日本人が豊かになるとともに、日本中が観光ブームに湧きました。
その頃、萩もその例外ではなく、萩焼の窯元も雨後のたけのこのごとく林立しました。

とにかく作れ場売れる時代でした、当然大量生産のお土産品の粗悪品も出回り、特に煎茶器の
質は大幅に下落してしまいました。

当然、手間ばかりかかって高く売ることのできない煎茶器が作られることもすくなくなりました。

それと同時に、正しいお茶の飲み方を知っている人も少なくなり、小さな急須や茶碗の需要も減り、
それらを作れる萩焼の職人さんも世代交代とともに姿を消していったのです。


今、現在作られている煎茶器はそのほとんどが、陶土に砂を練り込んで作る所謂鬼萩が多くなり
急須も茶碗も大きなものとなってしまいました。

江戸以来の名門窯では、まだ、伝統的な煎茶器が作られていますが、それもだんだんすくなくなって
きています。

以下に紹介するのは、何れも煎茶をおいしく飲むのに最適な、小さい急須と茶碗のセットです。

このような小ぶりのものは、最近は本当に少なくなりました。






★ 姫萩の煎茶セット



萩焼(はぎやき)急須湯のみセット 茶香御膳/布巾着付・化粧箱付【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】窯元直送の萩焼急須湯のみセット 高級感ある萩焼急須湯のみセット 作家が陶工する萩焼急須湯のみセット







萩焼(はぎやき)急須湯のみセット 煎茶御膳/籠巾着付・化粧箱付【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】窯元直送の萩焼急須湯のみセット 高級感ある萩焼急須湯のみセット 作家が陶工する萩焼急須湯のみセット












日本文化【お茶 その至福のとき】


HOMEへ



  メニュー


 お茶について


 お茶の入れ方


 水について


 茶器について


 萩焼について


 お菓子につい


 茶器の紹介


 日本文化に対する私見


 サイトマップ


 自己紹介


 リンク集