有田焼の赤絵





                       茶器の紹介



有田焼は、佐賀の鍋島直茂が、朝鮮の役の折、朝鮮の陶工、李三平を連れて帰り、上白川天狗谷に
磁器の窯を開いたのが始まりとされています。       

有田焼は日本で初めて磁器を焼いた訳ですが、当初のものは完全な純白ではなかったようで次第に
品質が向上して、藍色の染付、が加わり、さらに初代柿右衛門によって赤絵が工夫されました。      

 こうして有田焼は飛躍的な発展を遂げ有田地方全体に伝播し、さらに、いわゆる錦手となって全国に
その名を轟かせました。       

現在では、有田焼は伝統的な磁器に限らず、陶器や各種様々な煎茶器が焼かれています。       


煎茶器


赤絵煎茶器

赤絵とは、陶磁器をおおうガラス状の釉の皮膜のうえに、赤や緑、黄、紫などのガラス質の色釉で文様を
施したものです。

赤を主調とするところから、日本では特に赤絵と総称され、色絵とも呼ばれています。



赤絵煎茶器セット唐津 利祥作




日本文化【お茶 その至福のとき】HOMEへ          サイトマップへ