黒泥の急須

                               お茶 その至福のとき 本文へジャンプ


 メニュー




  お茶について



  お茶の入れ方



  水について



  茶器について



  日本文化に対する私見




  自己紹介



  サイトマップ



  リンク集




                          茶器の紹介



                    下の写真をクリックして下さい


E.常滑焼

     急須


        黒泥

         
常滑焼には、その使用する土と焼成法により白泥、黒泥、朱泥、焼締などの
          種類があります。

          焼締には、窯に入れるとき、急須や茶碗などに藻を巻きつけておき窯の中で
          焼成のとき、化学変化により、藻の掛った部分だけ赤く発色する藻掛けという
          技法もあります。

          又、常滑焼は、高温度で焼締める為に窯のなかの燃焼状態により、さまざまな
          模様や色合いの変化が現れます。これを窯変といいます。



        常滑焼 黒泥 急須



               



      煎茶用の急須として、その最も生産量の多いものが常滑焼の朱泥の急須と万古焼の

      紫泥急須です。

      この二つの産地は正に、急須の双壁であり、どのお茶屋さんにいっても、このどちらか

      あるいは両方が売られています。

      しかし、いまや、本当の煎茶の飲み方を知る人がいなくなると共に、常滑焼の急須も、

      万古焼の急須も、すっかり変わってしまいました。

      取っ手や次ぎ口はやたらと長く、大きくなり、お世辞にも美しいと言えるしろものではなく

      なってしまったのです。

      そして、常滑焼、万古焼とも、近年の深蒸し茶の流行により、中の漉し網でさえステンレス

      のものが使われ、急須は単にお茶を淹れるための機械以上のものではなくなっています。

      ただ、そうは言っても、常滑焼や万古焼には、昔ながらの急須を作り続けている工人も

      いるわけで、そのなかから煎茶に合いそうなものを選んでみました。


      江戸末期、煎茶の道具の主流は中国からの輸入品でした。

      京都では、比較的早いうちに国産の茶道具が作られていましたが、地方では、その点

      遅れていました。

      そこで、ここ、常滑では、平野忠司という人が杉江寿門、片岡二光とともに研究をかさね、

      ろくろで、中国の宜興の茶壷(急須)の写しを作りました。

      本格的に急須作りが始まったのは明治になってからで、鯉江方寿の招聘により、金士恒と

      いう人の指導のもと、杉江寿門、伊奈長三、杉江自身の三人が指導をうけたことによります。

      常滑焼の初期の名工には、この他に山田常山、陶山兄弟、不識庵素三等がいます。



      ★ 黒泥玉露急須130cc

      玉露急須とありますが、これは煎茶用としてお使いください。

      容量が130ccというのは、煎茶にちょうどよい大きさなのです。

      ポイントは茶こしが、本体と同じ土でできているという点です。

      金属の漉網のものはいけません。



                 




日本文化 【お茶 その至福のとき】HOMEへ