NHKの無責任放送






 メニュー



 水について




 お茶について



 お茶の入れ方



 水について



 茶器について



 お菓子について



 茶器の紹介



 自己紹介   



 リンク集



 サイトマップ





お茶 その至福のとき



                  日本文化についての私見



マスコミ報道について・・・NHK(その3) 手揉み茶


NHKの公共放送にあるまじき無責任な報道はまだまだあります。

もう随分前になりますが、あるとき、手揉み茶についての特集がありました。

手揉み茶は、今ではほとんど機械揉みになってしまい、人の手で揉んで作られるお茶は極めて
貴重なものとなっています。
従って、今ではほとんど手に入らなくなってしまいました。

その番組のなかで、手揉み茶の工程が紹介され、そのお茶が、出演者に振る舞われました。
その時の、ベテラン女性アナウンサーのリアクションはなんとも大げさなもので、これまでに
こんなおいしいお茶は飲んだことがないというようなことを言っていた様に思います。

さすが、ベテランアナウンサーだけあって、その説明は実に説得力があり、それに釣られて、どうにも
その手揉み茶が飲みたくて我慢できなくなってしまいました。

幸いにも、NHKの発行している雑誌にこのお茶屋さんの名前と電話番号が載っており、早速、
その放送に使われたものと同じお茶を注文し、期待に胸を膨らませながら到着を待ちました。

100gが5000円以上する高価なもので、そのような高級なお茶は、この私もめったに口にできる
ものではありませんでしたが、もうすぐ正月であったことと、余りにもNHKのアナウンサーの
口ぶりが自信に満ちたものであったために、ついついつられて買ってしまったのです。

待ちに待ったお茶が届いたとき、私の期待は最高潮に達しました。あのNHKのアナウンサーが
未だかって味わったことの無い味と表現したことがさらに期待をかきたてます。

封を開き、手揉み茶の葉を手に取って見ました。確かにぎっしりと細く、こよりの様に巻かれて
います。
見た目は実に美しく仕上がっていました。

この美しく揃った針のような茶葉を見ていると、いてもたってもいられず、大急ぎでお湯を沸かし、
小さな万古焼の急須に茶葉を少し多めに入れました。、人肌よりやや熱めに冷ましたお湯を静かに
注ぎます。そして、お茶の葉が半分ほど開くのを足踏みをする思いで待ちました。

そして、茶の葉が程よく開いたところで、静かに白磁の茶碗に注ぎました。
小さな茶碗の底にほんの少しの玉露。とろりとしたわずかに黄色味を帯びた控えめな色調。
その茶碗をそっと口元に運びます。

小さな白磁の玉露碗を口元へ運び、立ちのぼる香気を鼻腔一杯吸い込んだとき、あれっと思い
ました。当然あると期待していたあの玉露の清冽な香りが全く感じられません。
一瞬思ったことは、「とうとう嗅覚神経がだめになってしまった。これでは、もうどんな美味しいお茶を
飲んでも、その香りを楽しむことはできい。」そう思って真剣に病院はどの病院に行こうかと考えて
いたのです。まるで、お茶の出し殻にお湯を注いだように、全く香りも味も薄く、玉露の甘みさえ
辛うじて感じられるだけでした。

しかし、大好物の柚餅子を食べても、何の変わったところはありません。隣で家内が仏壇にあげて
いた線香のにおいも異常ありません。これはてっきりこの玉露の味と香りに関係する神経だけが
マヒしてしまったに違いない。そう考えて、愛用しているいつもの八女茶、「星野しずく」をいれて
飲んで試して見ました。いつもの通り、八女茶独特の強い甘みと香ばしい香りが口腔を満たします。

そこで初めて我にかえったのです。自分の感覚はいつもと同じ正常であることに安堵の胸をなで
下ろしました。
自分の味覚や嗅覚が悪いのではなく、あの手揉み茶の葉自体に味も香りもないのだと言うことに
そのとき初めて気がついたのです。

一体、これはどうしたことでしょう。NHKのあのときのアナウンサーのリアクションは何だったのか、
あれは彼女が飲んでみて本当に美味しいと思ったのでしょうか。
もし、そうなら、この人は、お茶の味も正統に評価できない無教養な人間であるという事になります。
そのような人間にNHKのような公共放送の司会をさせてもよいものでしょうか。
いやしくもお茶がテーマである番組は、当然お茶の味のわかる人が司会すべきです。

もし、本物のお茶を飲んだこともなく、日本人の最低わきまえておかなければならないお茶についての
知識も持っていないのなら、NHKは、決してこの様な人物を、お茶に関する真面目な番組に起用
すべきではありませんでした。

もし、彼女が、お茶の味が本当にわかっていなかったのなら、あのリアクションは一体何だったのか。
仮にそうであるならば、あのような大げさな言動は慎むべきでした。自分の理解できないものを、
大げさに賞賛してみせるということは、公共放送のNHkKのアナウンサーとして厳に慎むべきことで
はないでしょうか。
その結果、多くの視聴者に、誤った情報を伝え、それを信用してこのお茶を買った人は、私だけでは
ないでしょう。
本物のお茶に縁のなかった一般の多くの人達にとって、最もあってはならない事は、NHKが嘘を言う
筈がないという思いから、この手揉み茶の味が、本物の味であると思いこんでしまうことなのです。

前記の古武術の一件と同じく、NHKという公共放送に対する絶対的信頼から、偽物を本物と信じこみ
味もそっぽもないお茶を、最高ランクのお茶と信じ込ませる。視聴者に対して、これほどの背信行為は
ありません。

そういえば、前記古武術の司会役を務めたのも同じ女性アナウンサーでした。
このアナウンサー、及び、この二件の放送を企画立案した責任者は、公共放送の責務とは何
たるかを初心に返ってよく考え直す必要があります。そして、この様な無責任な放送は二度と
繰り返すことのないよう、軽はずみな報道は厳に慎んでもらいたいものです。

これが民間放送なら、まだスポンサーにおもねたり、ある程度その番組の制作者の主義主張が入る
ことはやむを得ないかもしれません。しかし報道に携わる者として、それとても自ずからから限度が
あり、嘘や誇大表現で視聴者を欺くなどの放送倫理に反する行為は禁じられている筈です。

ましてや、国民の視聴料で運営する公共放送、NHKにあっては、この点は些かも揺るがせには
できません。
かってあったように(いまでもあります)、制作者の思想信条のもとに、意図的に放送を左側に
ねじ曲げたり、裏付けもとらずに思いこみだけでいい加減な番組を作ったり、明らかに視聴者、
特に青少年に悪影響を及ぼす報道をするなど決してあってはならないことです。

NHKの、公共報送としての使命は、あくまでも正確な報道であり、真実の追究であるべきです。
視聴率稼ぎの低級な番組は民放に任せて、あくまでも公共放送としての品位を落とすことなく、
格調ある、あるいは芸術性の高い、NHKにしかできない放送を心がけなければなりません。

NHKもここまで制度疲労や、まんねり化、放送倫理の低下等が進んでくると、もはや、小手先
だけの修正では追いつかず、一度完全に解体して、新しく優秀な人材と入れ替えるべきときが
きているのではないでしょうか。








日本文化 【お茶 その至福のとき】HOMEへ