味と味覚



 メニュー



 水について




 お茶について



 お茶の入れ方



 水について



 茶器について



 お菓子について



 茶器の紹介



日本文化についての私見

  日本文化の衰退

  ブームの功罪

  NHK(1)

  NHK(2)

  純粋な日本文化

  民放

  食について

  現代人の味覚

  故郷の味(1)

  故郷の味(2)

  故郷の味(3)

  失われた味(1)

  失われた味(2



 自己紹介   



 リンク集



 サイトマップ





お茶 その至福のとき  


                日本文化についての私見


現代人の味覚

前の頁でも述べましたが、我々の最も大事ものである食品の品質自体が変わってしまい、もはや
昔日の豊かな味わいのたべものは本当に少なくなっています。

このことは、何を意味するかというと、味が変わっても一般の消費者にはわからないということでは
ないでしょうか。それと、何十年もの時間をかけて変わったために、知らず知らずのうちに慣らされて
しまったということもあるでしょう。

もう一つは、テレビを始めとするマスコミがその責めを負うべき事柄です。
前にも書きましたが、視聴率稼ぎのためにいい加減な番組を作り、派手で見るもばかばかしい料理
ショウや料理アニメを作って放映したその無責任さには心からの憤りを禁じ得ません。

その為、多くの視聴者は、その大げさな料理の説明や、派手な舞台設定に幻惑され
食べ物を味わうのではなく、能書きや宣伝文句を読んで頭から信用してしてしまい、美味しいものを
おいしいと思い、美味しくないもの不味いと思う正常な味覚の基準がわからなくなってしまっているの
です。

今や、料理番組や食べ歩き、グルメ番組は花盛りです。高価で一般庶民の口にはとうていはいらない
ような高価な料理をタレント、芸能人が食べ歩き、さも大げさな身振りでその美味しさを吹聴します。
又、ラーメンやお好み焼きなどの、所謂B級グルメも特別番組を組んで放送するなど大人気です。

これらの夥しい番組のなかで、各店のランク付けが行われていますが、この店の評価も、これほど
いい加減なものはありません。一体こういった番組を、味のわかった人間が作っているのだろうかと
思うほどひどいものです。なるほどと納得させられるものはその半分あればいいほうでで、あとは、
その番組の担当者の好みで選んだようなものが多いのです。

昨年、テレビかなにかで、日本一になったといわれているラーメン店にいってみました。
そのお店の名前も出しませんし、その詳しい内容も説明しません。詳しく云うとその店がわかってしまう
からです。私の本意は、その店の営業妨害をすることではなく、ただ、一般大衆,、特に若い人達が
如何に味の感覚が鈍くなり、その分、マスコミの大げさな宣伝文句を丸呑みにして、美味しくもない
ものを、美味しいと思い込んでいるということをわかっていただきたいということにあるからです。

その店に行ってみると、お昼時間はとっくに過ぎているにもかかわらず、店の外に置かれている椅子も
満杯で、行列は、近くの線路沿いの道にまで溢れていました。
ただ、気になったことは、その並んでいる人達は全て若い人ばかりで、中年を過ぎた人は誰一人いない
ということでした。

私は、行列を待ってまで食べる気はなかったのですが、一緒にいた次男がどうしても食べたいというので
しばらく待つことにしました。
一時間以上待たされたあげく、店に入ったとき、こりゃ駄目だと思いました、
この店の特長は、そのスープのだしに普段ラーメンでは使わないような数種類のある素材を使い、
その味別に選べるということでした。
その独特の匂いが強烈で、とても食べる気にはならなかったのですが、折角JR線を乗り継いでやって
きたこともあり、息子とそれぞれ別の種類のだしのラーメンを注文しました。

もともと期待してはいなかったので、失望はありませんでした。しかし、よくだしがきいていて味その
ものは悪くはないのですが、その匂いが鼻につき、半分ほど食べるのがやっとでした。
息子の方のどんぶりをみると、こちらも半分ほど残しています。

とうとう、それ以上箸は進まず、2人ともラーメン半分残したままその店を出たのですが、未だに
何故、あの店にあれほど若い人達が集まるのか理解できませんでした。
同行した私の次男は23歳で、あの店に来ていた人達と同年代です。しかし、ラーメンきちがいを
自称する我が息子も、口直しをしなければならないといったほどです。

ついにその日は、その後、JRで数個先の駅にある広島ラーメンの元祖といわれる”しまい”
という名店で伝統のラーメンを完食し、大満足のうちに口直しはおわりました。

このように、広島には、先ほどの店よりはるかに美味しいラーメン屋さんは数多くあります。
広島の名物はお好み焼きとつけ麺だけではないのです。
最近マスコミで取り上げられている、辛いだけでいわばキワモノのつけ麺などより、はるかに古くから、
また、問題にならないくらいおいしい「広島ラーメン」が存在するのです。

これらの名店をさしおいて、先ほどの店が何故日本一なのでしょうか。
この店に票をいれた審査員はだれなのでしょう。
恐らく、味も解らない芸能人や味音痴の評論家を審査員にしたのでしょう。そして、この番組の制作
責任者、料理番組の担当者としては失格の味のわからない人間が、大層な能書きや、もの珍しい
変わったもので視聴者を釣っているのです。これほど人をばかにした話はありません。

「なあに、一般の視聴者に味なんてわかる訳がない、もっともらしい宣伝文句を連ねた能書きや、人気
有名タレントに”おいしい”と言わせれば、連中は信用するさ。」そんな声が、テレビの画面の裏側から
聞こえてきそうです。

勿論、人の味覚というものは千差万別で、好みもそれぞれです。美味しい、不味いは個人差があることは
云うまでもありません。しかし、そうはいってもある程度の基準はあるはずです。

味覚というものは、他の感覚もそうですが、経験から磨かれるものです。
幼少の頃から、本物の味を経験していなければ、味の善し悪しがわかるはずがないのです。

例えば、農家なら、自分の畑で取れた野菜や、果樹園の果物、田圃の米など本物の美味しさを理解
していました。
漁師の家なら、取り立ての魚や貝類、海産物の味について下手な評論家の足下にも及ばないほど
詳しいものです。
そういった家に育った子供達は、農家なら米や野菜、果物について、漁師の子供は、魚介類については
町場のサラリーマンの子供などよりはるかに舌が肥えているでしょう。その生まれ育った食の環境に
よって培われた味覚こそ本物なのです。

私たちの年代の子供時代は、貧しくはあっても、口に入るものはすべて本物でした。
その頃は、まだ、昔ながらの農業でしたし、漁業も養殖はなされておらずほとんどが天然ものだった
からです。

ところが、それ以降、世の中は大きく変わってゆきます。
高度成長からバブル、そして現在へと、日本は経済的に大発展をしました。
それとともに、私たちの目のまえの食べ物は豊かになり、外国から色々なものがはいってきました。

昔は、野菜や果物は八百屋さんで、魚介類は魚やさんで買っていましたが、いつのまのかスーパー
マーケットができ、それにより大量生産、大量販売、大量消費の時代へはいっていったのです。

この流通の変化が、私たち消費者の食に対する意識を変えました。

それまでは、物価そのものが安かったこともあり、食べ物に関する限りそれ程安さをいってはいなかった
ように思います。それよりは、野菜や魚などは、余すところ無く使い、色々な料理を作って無駄なく使って
いました。

ところが、生活が豊かになってくるに従って、私たちの生活自体も変わってきました。

今まで、農村や漁村で、野菜や果物をつくり、魚を取っていた人達の多くが都会に出て、作るほうから
消費する側にまわったのです。

昔の農業や漁業などの一次産業の労働は大変きついもので、都市部の工場や商業にくらべて収入も
多くなく、ほっとけば若い人達はどんどん町に出て行ってしまいます。その結果が、今の農、漁村部の
過疎、高齢化です。本来なら、ここで行政が何らかの有効な手段を打たなければならなかったのですが
当時の農林省の政策はことごとく失敗し、揚げ句の果てが地方山間部の限界集落です。 

こうして田舎に残ったのは年寄りばかりとなり、ほとんどの日本人は都市生活者となってしまいました。

そして、世代は代わり、昔の農村、漁村で育った人達は次第に減ってゆき、今の若い人達は、昔の
本物の野菜や、品種改良前の果物、天然の魚類の味を知りません。
それ故、彼らの美味しいという味の基準が無くなってしまい、混乱しているのです。

本来なら、こういった若い人達に、本物の味を知らしめるのが、まともなマスコミの役割なのですが、
実は、彼らは、これと反対のことをやってしまい、益々混乱することになります。

その遠因は、一連のグルメ漫画や、アニメでしょう。大げさな形容、派手なリアクションで何も知らない
若い人達の興味を引き、食べることをエンターテイメントにしてしまいました。

これに拍車をかけたのが、けばけばしい意匠にや、舞台設定で、料理をショウにしてしまった一連の
番組があります。ショウとしての効果だけをねらい、本当に実力があるのかどうかもわからない料理人
を舞台にひっぱり上げてその優劣を競わせる。そして、その勝利者を鉄人と称して意味のない権威づけ
を行う。
また、別の番組では、過大な表現の能書きつきの高価な食材を使い、その辺のなんでもないおっさんを
登場させて名人とか巨匠とかいって持ち上げる。
ただ、視聴率稼ぎだけの為に、これだけの大洞を吹きまくり、視聴者に食品に対する誤った幻想を与えた
責任は看過できないことです。
これらは、マスコミに近い人間だけででっちあげた茶番劇を一般の視聴者に、如何にもおおげさに真実と
思い込ませてしまったのです。

現代人が、自分の味覚に忠実に食べ物を評価することをせず、マスコミの過大広告につられ有りもしない
ことをご大層な能書きで説明されれば、簡単にのせられてしまう。
これが、この地方都市の若者達にも及んでいることの何よりの証明が、先ほどのラーメンの一件です。

それが証拠に、そのラーメン屋に並んでいる人達には、ある程度味のわかった50代以上の人が誰一人
いなかったということがなによりの証明になるのではありませんか。

つまり、今の若い人達は、実際に食べてみた感想より、ガイドブックや、テレビの能書きやうんちくを信用
し、実はさほど美味しく感じなくても、それは、自分がその美味しさを感じる能力がないからだと思いこん
でしまっているのです。

つまり、テレビでおいしいといっているのだから、あのタレントが賞めていたのだからこの味はおいしいのだ
という思いこみ、それを美味しさの判断基準に据えているからこんなことになるのです。

このように、味覚まで、マスコミに支配されていることは、決して見過ごすことはできません。
問題なのは、ろくに味も解らない愚かなマスコミに、当然権威も順位もあるべきではない味覚まで支配
されているいう現実なのです。

これが、如何に、我が国民大衆の味の感覚を損ない、歪めているかということを、できるだけ多くの
心ある人達に理解していただくため、あえて苦い事を申し上げた次第です。







日本文化 【お茶 その至福のとき】HOMEへ