大手饅頭

                 お茶 その至福のとき 本文へジャンプ




                     和菓子の紹介




大手饅頭                        大手饅頭伊部屋

                                 岡山市北区京橋町8−2
                          
電話 086−225−3836





      



      



これも伝統ある岡山の銘菓です。

昔、私の子供のころ、父が岡山へ出張に行くと、必ずこの大手饅頭と、岡山駅に売っていた三好野の
しゅうまいを土産に買って帰ってくれたものでした。

私たち兄弟は、これが楽しみで父の帰りを寝ずに待っていました。

とくに、この大手饅頭は、私の大好物でした。

口いっぱいにほおばると、薄い皮の甘酒の香りと、中身のこしあんの甘さが口いっぱい広がります。
何の変哲もない薄皮まんじゅうですが、当時は貴重だったあんこの塊のような饅頭がとてもうれしい
ものでした。

この大手饅頭は、私にとって、子供の頃の記憶に残る思いで深い特別なお菓子なのです。

私が25年前に広島に帰ったとき、広島には私の好みの和菓子はありませんでした。

唯一つ、この大手饅頭は天満屋という岡山に本店のあるデパートの地下に売っていることを知り、
広島市内に出たときは、必ず、そのデパートに立ち寄り、このお饅頭を買って帰ったものでした。

しかし、惜しいかな、このデパートも、この春で閉店となり、唯一私の楽しみのこの大手饅頭は
遠い存在となってしまいました。

広島市内の他のデパートの地下の全国銘菓のコーナーに行くとたまに置いてあることはありますが
それもめったにありません。

先日、広島市内に出て、久しぶりにこの大手饅頭を見つけ、懐かしい味を楽しむことができました。

人間、年をとると、無性に昔のことがなつかしくてたまらなくなるものです。

この昔懐かしい大手饅頭は、その昔の思い出の合鍵のようなものなのです。






日本文化(お茶 その至福のとき)HOMEへ

                          



   メニュー


 お茶について


 お茶の入れ方


 水について


 茶器について


 萩焼について


 お菓子について


 茶器の紹介


 日本文化に対する私見


 サイトマップ


 自己紹介


 リンク集