萩 玉村登陽

               お茶 その至福のとき 本文へジャンプ



                      茶器の紹介


                   下記の写真をクリックして下さい



H.萩焼

煎茶器

有名作家



玉村登陽


お父さんは玉村松月さんです。

松月窯は昭和二七年に開窯した萩市内の窯の中では比較的古い窯です。

玉村松月さんは萩焼振興の功労者、山縣麗秀氏に師事し、終戦後の萩焼を支えてきました。

玉村登陽さんは、この松月さんに師事し、昭和50年に登り窯を築き独立し、以来、萩焼の代表的
作家として活躍」しています。




【煎茶道具 煎茶器セット】 萩焼 玉村登陽作 (湯飲み5客・宝瓶(急須)・湯冷まし) 【smtb-KD】







日本文化(お茶 その至福のとき)
HOMEへ





   メニュー


 お茶について


 お茶の入れ方


 水について


 茶器について


 萩焼について


 お菓子について


 茶器の紹介


 日本文化に対する私見


 サイトマップ


 自己紹介


 リンク集