注意


                           注意



       お茶のいれ方 注意

          お茶をいれるときは以下の点について注意して下さい。

          1. 先ず、急須と茶碗の選びかたです。
                       
             前にも述べたとおり、急須とお茶碗は小さいものを用意して下さい。
             もし、可能なら、前ページのような大きさがよいのですが、最近は手に
             入らなくなっています。
             そこで、とりあえず、ありあわせのものを利用するなら、極力小さいものを
             選んでください。

             特に急須は大事なものですので出来るだけ小さく、お茶碗は多少大きくても
             かまいません。
             但し、問題はその形です。 筒型の湯呑みはよくありません。
             形は、朝顔形か、ご飯茶碗の形です。

             あるいは、お酒の杯の大きいものがあればそれでもよいと思います。

             最初はありあわせのもので試してみて、さらに興味がわいてきたら本格的な
             煎茶道具をそろえればよいでしょう。

          2. お湯は十分沸騰させます。

          3. お湯の量は、少なめに、ということを心がけてください。とかく多くなりがちです。

          4. 急須からお茶を茶碗に注ぐとき、始めの内はよいのですが、最後近くになると
             相当急須を傾けるようになります。このとき、注意しないと蓋が外れ、落ちて
             割ってしまうことがあります。

             ですから、このときは、必ず、急須を持った手の空いた指で蓋を押さえるか
             あるいは、もう一方の手で押さえるようにします。

          5. お茶を急須からお茶碗に注ぐときは、決して振ってはいけません。
             うっかりして、茶碗の縁にあてて、注ぎ口を欠いてしまいます。

             お茶が急須から出きってしまうまで待ちきれなくて、最後のほうでついつい振りたく
             なりますが、ここは多寡が数秒のことです。心静かに待ちましょう。

             オークション等で見かける急須でもっとも多いのが、この注ぎ口のかけたものです。

             折角、気に入った急須が手に入り、時間をかけて、ちょうど良い艶がでてきたり
             見事な貫にゅうが現れてきて、愛着がわいてくるころ、よくこれをやります。
             こうなると泣くに泣けません。

             昔の陶工達や、現代の作家達が心血を注いで轆轤をひき、長時間かけて焼き上げた
             急須や茶碗は同じものは二つとは無いのです。

             その、貴重な品々を、一寸した不注意で欠けたり、割ったりして台無しにしてしまうことは
             もったいないの一言では済まされません。

             何事も最初が肝腎です。はじめから「振らない」ということを習慣にしておけば、将来
             如何なる名品を手に入れても、安心してそのすばらしさを堪能することができます。



             日本文化 【お茶 その至福のとき】HOMEへ