染付の茶器セット

                     純白に染め付けの藍色が美しく映える茶器セットです。伝統の図柄の洗練された美しさをご覧下さい。


                              茶器の紹介



                           下の写真をクリックしてください


   C. 京焼

          煎茶器(茶器セット

            染付


               ★  染山水 煎茶器

                   有名な昭阿弥の染め付けで山水画が描かれた茶器セットです。

                   染山水 鮮やかな発色の呉須で描かれた山水画が、白の磁肌を
                   より引き立てます。

                   お茶の色が映える器です。



                   






                ★  茶器セット(茶筒、お茶付き)

                    染め付けの宝瓶が一つ、茶碗と茶托が二対、それに開花堂の銅の
                    茶筒が一組になって います。それに玉露と煎茶が付きます。



                   






              煎茶は京都を中心に発展しました。

              そして、江戸期、もっとも洗練され技術的に進歩していた陶磁器を焼いていたのも京都
              でした。

              煎茶の風が行われるまでは、お茶と言えば茶の湯、つまり抹茶でしたが、売茶翁が現れ
              煎茶を当時の文化人のあいだに広めました。

              この頃の煎茶の道具は主に中国から輸入されたものでしたが、次第に京都を中心に煎茶
              専門の道具が焼かれるようになったのです。

              記録に残るその最初のものは、雨月物語を著した上田秋成と村瀬栲亭が、京五条坂の
              陶工、清水六兵衛に急焼(急須)と風炉を作らせています。

              特筆すべきは、奥田頴川が、当時、九州でしかできなかっつた磁気を京都で焼くことに成功し、
              今日の京焼の基をつくったことです。


              以後、活躍した京焼の陶工は高橋道八、仁阿弥道八、青木木米、尾形周平、永楽保全、
              永楽和全、欽古堂亀祐、三文字屋嘉助などがいました。

              そのなかでも、特に京焼の煎茶道具に秀でていたのが青木木米で、様々な道具を焼いて
              います。

              こうして、京焼は技術的にも当時最高水準に達し、その洗練されたデザインや意匠の見事さ
              は、染付、赤絵、交趾等の技法に遺憾なく発揮されています。


 




日本文化 【お茶 その至福のとき】HOMEへ