もみじ饅頭の老舗




                               お菓子の紹介



   もみじ饅頭の老舗               岩村もみじ屋   広島県廿日市市宮島町中江   (0829) 44 - 0207



広島のお菓子で一番名が知られているもの
は、何といってももみじ饅頭でしょう。

もみじ饅頭を売るお店は、宮島だけでなく、
対岸の宮島口にまであり、広島市内の
菓子屋さんでも、このお菓子を売っていて、
その数は数え切れないほどです。

実を云えば、私は、もみじ饅頭はあまり好き
ではありませんでした。
ところが、近年、このお店のもみじ饅頭を
食べたとき、他の店とあまりに違う美味しさに
今までの認識を改めざるを得ませんでした。

それ以来、自信をもって人にも勧め、私自身も
手みやげとして使っています。
まず、皮はいわゆるカステラ生地なのですが、
冷めてもしっとりして柔らかく、砂糖と卵、
小麦粉の生地の焼けたこうばしい香りが、
柔らかめのこしあんととてもよく調和していま
          す。あんはこしあんと粒あんの二種類あり、どちらもおいしいのですが、特にオリジナルのこしあんには
          文句のつけようがありません。
          よくさらして薄墨色をしたこし餡はとてもさっぱりしていて、甘さには全く癖がなく、いくつでも食べられ
          ます。


          創業は明治末期で、90年以上もの歴史がある宮島一の老舗です。

          これまで、もみじ饅頭一筋に父祖の味を守り、他の追従を許さぬ完成された味に仕上げてきました。
          他の店が、チーズやチョコレート、クリームなどを入れて、もみじ饅頭を洋菓子とも和菓子ともつかぬ
          ものにしてしまったのに対し、餡はこし餡とつぶ餡のみで、「もみじ饅頭」の本道を守り続けてきたこと
          に対し、心からの賞賛を惜しみません。

          テレビや新聞広告等で宣伝していないので、多くの観光客や、地元以外の人には知られて
          いませんが、地元では「もみじ饅頭」は「岩村」でなければということになっています。      

          なお、もみじ饅頭は、1個75円です。






          日本文化 【お茶 その至福のとき】HOMEへ