玉椿 姫路の銘菓

                              姫路の伝統銘菓「玉椿」。柔らかな求肥のなかに絶品の黄身餡。餅菓子の最高峰です。


   リンク



  お菓子について

  もみじ饅頭

   各地のお菓子

   旭川

   釣鐘堂

   鶴の子

   梅が枝餅

   舌鼓

   日常の和菓子

   ひしほ饅頭


   広島の和菓子

 町の和菓子屋さん

   黒椿

   越山餅




 お茶について




 お茶の入れ方



 水について



 茶器について



 茶器の紹介



 日本文化についての
 私見




 自己紹介



 サイトマップ



 リンク集





   



                             お菓子の紹介



        玉椿                        伊勢屋本店   姫路市西二階町八四番地
                                              п@  079(288)5155         



                  


                 



             江戸時代から続く由緒ある姫路の銘菓です。

             この伊勢屋本店の歴史も大変古く、元禄年間創業といわれています。

             由来書によりますと、この店の先祖が、天保年間、姫路藩家老河合寸翁の
             推挙により、江戸の菓匠、金沢丹後大掾の門に学び数種の菓子を考案した
             内の一つとされています。
             姫路に帰ったのち、寸翁がこのお菓子に玉椿と命名し、以後、姫路藩の
             御用菓子として世に名高い銘菓となったということです。

             これを見て驚くことは、今から150年以上も前に、すでにこの様な極めて
             完成度の高い、洗練されたお菓子が出来ていたという事です。
             江戸文化の完成期にあたる文化文政期に続く天保年間当時の、我が国の
             文化水準の高さを、これ程雄弁に物語るものはないのではありませんか。

             角のとれた四角の形にまとめられ、薄紅色の求肥に包まれた黄身餡の美味しさは、
             他に類を見ません。
             椿の花弁を意味する紅色の求肥と雄蘂の黄色の黄身餡、さりげなく、慎ましいなかに
             実に存在感のある銘菓です。
             このような優れた菓子を考案した江戸時代の日本人の感性の豊かさには、心から
             感嘆の念を禁じえません。

             そして、150年以上後の今現在において、この玉椿を凌駕する和菓子があるでしょうか。
             残念ながら、私は、寡聞にして、これ以上の求肥菓子を知りません。
             私の少ない知識のなかで、この玉椿に比肩しうるのは、以前紹介した、山口の舌鼓と、
             彦根の埋もれ木ぐらいでしょう。
              しかし、この三つの餅菓子はその持ち味は三者三様でそれぞれ全く違います。

              なんと云っても、この玉椿の最大の魅力は、黄身餡の見事さです。
              黄身しぐれのように、口の中で崩れるような黄身餡も美味しいものですが、この餡は
              もっと粘りがあり、 口に入れるとしっとりと舌ににからむ濃厚なものです。
              そして、その極まるところは、黄身と砂糖の織りなす独特の甘美な香りです。

              この甘みは、博多の鶏卵素麺と同種のもので、卵黄のもつ微かな芳香があります。
              ただ、鶏卵素麺は 卵黄と砂糖だけの単純なものですが、こちらは、白あんを加える事に
              より、さらにこくと深みが増している様に思えます。

              私がこのお菓子を知ったのは、随分昔のことで、何時ごろ、何によって知ったのか覚えて
              いません。
              しかし、二十代の後半頃には、上京の度に姫路で途中下車してこのお菓子を買っていた
              記憶があります。

              このお玉椿は私にとって、小倉の鶴の子と同じほど、つきあいの永いお菓子でもあります。



              玉椿   10個入り                         1,200円(税抜き)






             日本文化 【お茶 その至福のとき】HOMEへ