村上茶





お茶の紹介

                          村上茶


      6. 初摘       煎茶     冨士美園  〒958−0844
                                      新潟県村上市長井町4−19
                                      рO254−52−2716

                               
北限のお茶、村上茶です。
お店の創業は明治元年の老舗で、建物は
風格ある町屋づくりです。
このお茶は、前述の小林園の「自然仕立て
手摘み茶」と同じタイプに属します。
煎茶は、この2000円から1000円までの
価格帶ではこの「初摘」が、もっとも
お勧めです。
香りはさほど特徴のあるものではありませんが、
控えめで、癖がなく、上品です。

       むしろ、このお茶の特徴は、その味にあり、
       とても滋味豊かでしみじみとした味わいがあります。

       この店では、在来種の煎茶も置いていて、こちらは100c1050円と、割に低い
       価格設定のせいか、さっぱりした味わいですが飲んだ後、独特の清々しい香りが
       舌に残ります。

       明治の昔、此処村上でも紅茶が作られ、アメリカや、ロシア等にも輸出されていたと
       いうことですが、このお店では、最近、在来種から紅茶を作って「雪国紅茶」として
       販売しています。
       インドやスリランカのものとは随分趣が違い、とても優しく柔和な味で、家でゆっくり
       紅茶を楽しむには丁度よいのではないでしょうか。
       
       初摘    1,575円/100g             

       在来種   1,050円/100g




 日本文化 【お茶 その至福のとき】HOMEへ