玉露の元祖 

 





お茶の紹介


                         玉露の元祖


       7.賜賞大門          玉露            辻利兵衛本店
                                        〒611−0021
                                        京都府宇治市宇治若森41
                                        п@0120−238−180



                        



           歴史の稿でも説明しましたが、明治五年、それまでの丸く丸まった形であった
           玉露を改良して今のように細い針状の茶葉を作りだしたのが辻利兵衛でした。
           この人が今の形の玉露の元祖です。

           この玉露は、その時のお茶、玉露の元祖のお茶の名前、「大門」の名を冠し
           いるところから、この玉露にかける自信のほどが伺われます。

           値段は30グラムで1575円と高価なものですが、高い価格帯の玉露に
            ありがちな品のよさはありながら弱さはありません。

           味は、実に清冽でピュアな印象をうけます。いろんな味が混ざっているの
           ではなく、純粋にこれが玉露の味かと納得させられるものがあります。

           宇治茶の玉露の標準として、特筆すべきお茶でもあります。




              賜賞大門         1,575円/30g              
                          




         日本文化 【お茶 その至福のとき】HOMEへ