お茶の老舗



                         お茶の老舗




        お茶を選ぶに当たって、一つの指標となるお店を紹介したいと思います。

        お茶屋さんのなかで、いわゆる老舗と云われるお店は数多くあります。
        東京や京都などの大都会では将軍家や、朝廷、昔の城下町や門前町
        などには、藩やお寺などの御用を勤めた由緒あるお茶屋さんが、今も
        伝統の重みと老舗の誇りをもって代々その無形の遺産を受け継ぎながら
        極めて上質なお茶を提供してきました。

        永年の技術の蓄積と、時流に流されない強固な信念に基づいて作られる
        お茶は、現在においても、茶の湯や、煎茶の家元や師範、数寄者や文化人
        などの厳しい目にさらされ、あるいは支持されながらその品質を落とすことなく
        今に至っています。

        そのように、極めて優れた味覚を持った顧客を対象とした老舗のお茶は、
        余りにも控えめで繊細です。そこには初心者や、一般大衆にわかりやすい
        ものはありません。

        しかし、今のこのような商業第一主義のご時世において、江戸時代からの
        永年の伝統と誇りを守り続けているお茶屋さんは、だんだん数少なくなって
        きました。

        そこで、お茶のある望ましいタイプの一つの例として、数多い老舗と云われる
        お茶屋さんのなかから、歴史上大きな役割をはたした幾つかのお店を紹介
        したいと思います。

              

                       
         日本文化 【お茶 その至福のとき】HOMEへ